アモキサン

抗うつ薬「アモキサン」は、三環系抗うつ薬のひとつです。第二世代の抗うつ薬なので、現在では使われる事が少なくなりましたが、主にうつ病の治療薬として使われています。それでは、アモキサンについて詳しく説明していきましょう。

アモキサンは、一般的には「アモキサピン」という名称で知られている薬で、アモキサンというのは販売されている際の商品名です。アモキサンの主な作用としては、うつ病の主な症状である、訳もなく気分が落ち込む、やる気が出ないといったような無気力感を改善する効果があります。うつ病にはイライラ感や衝動的な行動が見られる事もありますが、アモキサンはどちらかというと無気力感が強いうつ病の症状に効果的です。またうつ病の他、パニック障害などの精神疾患の治療薬としても使われ、様々な用途で効果を発揮しています。

また、アモキサンは三環系抗うつ薬の中では副作用は弱めですが、稀に重い副作用が起きる事があります。副作用の症状としては主に、口の渇き、眠気、食欲不振、便秘、めまい、動悸、立ちくらみ、手が震える、排尿しづらい、目がかすむ、といった症状が見られています。これらの症状が現れても、軽い症状の場合でしたらそれほど問題はありませんが、症状が重い場合や、自殺衝動にかられるなどの気分の変調が悪い方向へいってしまっている場合、服用後に気分が落ち着かなくなった場合など、体調に何らかの変化が起きてしまったらすぐに医師へご連絡ください。重症な副作用が起きる事は非常に稀なのですが、抗うつ薬を服用している上で「副作用が起きない」という過信は禁物です。投薬療法では様々な薬を服用する事になりますので、アモキサンに限らず、それぞれ注意しながら服用するようにしてください。また、患者さんのご家族など周りの皆さんにも、薬についての知識はよく身に付けておく事をお願いしています。万が一、患者さんが危険になった状態の時にもしっかり対応できるように、ご家族の皆さんもどうかご協力お願いします。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ