アンプリット

抗うつ薬「アンプリット」は、三環系抗うつ薬のひとつです。三環系抗うつ薬は第二世代の抗うつ薬なので、現在では使われる事は少なくなりましたが、うつ病の治療に効果のある薬として使用されています。それでは、アンプリットについて詳しく説明していきましょう。

アンプリットは一般的には「ロフェプラミン」という名称で知られている薬で、アンプリットという名称は商品名です。抗うつ薬として、うつ病の症状である憂うつ感や無気力感、不安感、緊張感を改善させ、気分を楽にさせる効果を発揮しています。うつ病の他、パニック障害や過食症などの精神疾患にも使われている薬で、場合によっては神経痛などの治療でもアンプリットが使われる子とがあります。アンプリットの主な作用は、神経伝達物質の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の分泌量を増加させる事で、うつ状態の改善に非常に高い効果があります。セロトニンという物質は、気分を落ち着かせて楽にさせる作用があり、また、ノルアドレナリンにはやる気を高める作用があります。このふたつの物質の作用が働く事で、うつ病の症状を和らげる効果が現れるのです。

三環系抗うつ薬の中では、比較的副作用が軽くなっているアンプリットですが、やはり抗うつ薬ですので多少の副作用が起きる事は否めません。主に起きる副作用の症状としては、口の乾き、吐き気、眠気、めまい、動悸、食欲不振、便秘、手が震える、倦怠感などが見られます。アンプリットを服用した後、何らかの変化が見られた場合はすぐに医師へご連絡ください。患者さん本人には分からないので、周りにいるご家族の皆さんがよく見ておいてあげてください。副作用も重いものですと、身体へ悪影響が及ぶ場合があります。こういった副作用はアンプリットに限らず起こる事がありますので、薬の服用には十分に注意するようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ