うつ病の主な治療法

うつ病の治療法には、投薬療法と精神療法があります。主にこの2つの治療法を併せて、うつ病を改善していきます。それでは、それぞれの治療法について詳しく説明していきましょう。

投薬療法は、その名の通り薬を使った治療法です。主に抗うつ薬を服用し、徐々にうつ病の状態を改善していきます。抗うつ薬は即効性がある薬ではありませんので、最初は「効いていないのではないか?」と不安に思う患者さんもいらっしゃいます。中には「効かないなら飲まなくても・・・」と、服用を勝手にやめてしまう患者さんや、端から拒否する患者さんもいらっしゃるので、なかなか病状が良くならないケースも珍しくありません。うつ病は薬で治せる病気です。その薬を途中でやめてしまっては、治る病気も治らなくなってしまいます。抗うつ薬の中には副作用が強いものもありますが、根気よく飲み続ける事がうつ病の投薬治療の基本となります。医師から薬を処方されたら、必ず指示を守って服用してくださいね。

以上は薬を使った治療法ですが、精神療法では薬を服用する必要はありません。精神療法は大きく分けて、支持療法、表現療法、認知行動療法の3つになります。まず支持療法から説明していきましょう。

支持療法とは、精神的に塞いでしまった患者さん自身の気持ちを汲み取った上で支持をし、患者さんに自信を持たせるといった治療法です。表現療法は、患者さん自ら不安な気持ちを話してもらい、不安を解いていく治療法です。言葉だけでなく、絵などで表現してもらう事もあります。これは暴露療法とも言われ、本音を暴露=さらけ出していく事で、患者さんの気持ちを楽にしていきます。また、認知行動療法については、【認知行動療法とは】で詳しく説明させていただきました。認知行動療法は、うつ病の治療にとても効果のある治療法です。こちらもぜひご参考ください。

そしてうつ病の治療に最も大切と言っても良い治療法が、「休息を取る事」です。うつ病になってしまう原因として、ストレスが大きく関係しています。そのため、ストレスを感じる状態を排除し、徹底して休息を取る事が、うつ病の治療には重要なのです。徹底して休む、というのは案外と難しい事ですが、うつ病を治すには薬や精神療法以上に必要です。うつ病と診断されたら、とにかく休みましょう。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ