デパケン(バルブロ酸ナトリウム)

抗てんかん剤の「デパケン」は、躁うつ病の治療にも使われています。それでは、デパケンについて詳しく説明していきましょう。

デパケンの一般名は「バルプロ酸ナトリウム」という成分です。デパケンは、バルプロ酸ナトリウムが含まれた薬の商品名となっています。てんかんの発作予防に主に使われており、様々なてんかんの症状に効果を発揮しています。また、脳神経の鎮静効果もあるので、躁うつ病の治療にも使われています。躁うつ病の躁状態は、気分が高揚している状態なので、デパケンを服用する事で気分を落ち着かせる事ができます。躁うつ病だけではなく、躁病にも効果があります。

デパケンはてんかんの治療薬としても使われていますので、医師からの指示以外では絶対に使用しないようにしてください。自分の判断で服用をやめてしまうと、てんかんの場合は強い発作を起こす事になってしまいますし、躁うつ病の場合でも症状が重くなってしまう事があります。薬は医師から指示された服用方法を必ず守って服用しましょう。また、デパケンの服用による副作用も多少現れる場合がありますので、そちらも注意してください。一般的に挙げられる副作用には、眠気、吐き気、食欲不振、めまい、ふらつき、倦怠感などの症状が現れます。重い副作用が起きる事は稀ですが、肝臓に悪影響が現れる事があります。デパケンの服用を始めた数ヶ月の時期は特に注意してください。躁うつ病は非常に治りにくい病気ですので、薬の服用も長引く事があります。また、ご家族の皆さんには服用後の患者さんの様子をよく見ておいてもらう事をお願いしています。ご家族の皆さんも医師からの指示をよく聞いて、患者さんが勝手に服用をやめたり、服用量を増やしたりしないようにチェックしてあげてくださいね。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ