ドグマチール

「ドグマチール」は胃潰瘍やうつ病を初めとした様々な精神疾患の改善薬として使われています。それでは、ドグマチールについて詳しく説明していきましょう。

ドグマチールは消化性潰瘍剤として、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療に使われます。一般的には「スルピリド」という名称で、ドグマチールというのは商品名になります。ドグマチールには胃腸の粘膜の血行を促進し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療を改善していく効果、胃腸の働きを良くして吐き気や胃もたれの症状を治療する効果があります。その他、ドグマチールには憂うつな気分になる、理由もないのに落ち込むといったうつ病の症状を治療する働きもあります。やや多めに服用する事で神経伝達物質である「ノルアドレナリン」の分泌を促す作用もあり、うつ病の治療薬としても使われている薬です。

以上のように病状によってドグマチールの用途は異なるので、服用方法もそれぞれで違ってきます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療の場合は、成人1日150mgを3回に分けて服用しますが、うつ病の治療の場合は、成人1日1500300mgを分けて服用します。うつ病の治療の場合の服用制限としては、600mgが限度となっていますが、自身の判断では服用量を増やさないようにしてください。薬の服用は医師の指示をよく守るようにしましょう。

また、ドグマチールの副作用としては、ホルモンバランスが崩れる事によるホルモン異常がよく見られます。女性の場合、生理不順や乳汁の分泌などが、高齢者の場合は「錐体外路症状」といった震えやこわばりの症状が挙げられます。それほど重い副作用は起きませんが、服用後に異常を感じた場合はすぐに医師へご連絡ください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ