エビリファイ

うつ病の投薬療法には、抗うつ薬を主に使用しますが、症状が重い場合には「抗精神病薬」で治療を行う事があります。「エビリファイ」は、その抗精神病薬のひとつです。主に統合失調症に使われる薬で、一般的には「アリピプラゾール」という名称で知られ、エビリファイは薬としての商品名です。強い不安感や気持ちの高揚感を取り除く効果があり、停滞していた心身を徐々に改善していく効果もあります。抑うつ状態や躁うつ状態に高い効果があり、双極性うつ病(躁うつ病)などの治療にも使われています。

統合失調症や双極性うつ病の患者さんは、脳内が混乱状態にあるので、感情がコントロールできなくなる症状が数多く見られます。その症状が起きる背景には、「ドーパミン」という神経伝達物質が関係しています。混乱状態にある患者さんはドーパミンの分泌量が調節できなくなっていますが、抗精神病薬であるエビリファイには、ドーパミンの分泌量を調節する作用があり、エビリファイを服用する事で混乱状態を抑える事ができるという訳です。ドーパミンが分泌過剰の場合には分泌を抑え、反対にドーパミンが不足状態の場合は分泌量を増やすなど、脳内の状態によって作用するので非常に効果の高い薬として知られています。また、ドーパミンだけではなくセロトニンについても同様に調節できる事が特徴として挙げられます。

しかしながら、抗精神病薬には多少の副作用も見られます。イライラしたり、食欲が落ちたり、頭痛、めまい、不眠などの症状や、手が震えたり筋肉がこわばったりするような症状が主に挙げられます。重い副作用の場合は「悪性症候群」が起きる事もあります。悪性症候群の症状としては、急激に体温が上昇する、発汗、震え、筋肉がこわばる、体が硬直する、意識がはっきりとしない、などが挙げられます。悪性症候群が起きる事は非常に稀なのですが、こういったリスクもあるので、抗精神病薬を服用する際は医師の指示を守り、十分に考慮した上で服用するようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ