月経前症候群

生理前になんとなくイライラしたり、気分が憂うつになったりする・・・女性の皆さんなら一度は経験した事があるかと思います。この症状は生理前の女性ならば誰でも起こりうる症状なのですが、症状が非常に重く、日常生活に支障を来たしてしまう程の場合は、「月経前症候群(PMS)」であるおそれがあります。それでは、月経前症候群について詳しく説明していきましょう。

月経前症候群の症状は、上記に挙げたような気分の落ち込み、憂うつ感、イライラ感などの他、乳房が張って痛みがある、下腹部が張って痛みがある、腰痛、頭痛、肩こり、めまい、便秘、下痢、肌荒れ、にきびができやすい、手足が冷える、食欲がなくなる、性欲がなくなる、眠くなる、疲れやすい、疲れが取れにくい、仕事や勉強に集中できない、仕事や勉強の能率が悪い、などといった症状が起こります。以上に挙げたいくつかの症状が生理前になると定期的に起きる場合、または症状が重く日常生活に支障を来たす場合は、月経前症候群が考えられます。症状からお分かり頂けるかと思いますが、うつ病の症状と重なる部分がいくつかありますね。月経前症候群はうつ病という訳ではないのですが、気分の落ち込みや憂うつ感など、症状が似ている部分があるので「どのような時期に症状が起きるのか」が、診断を見極めるために必要となります。

では、どうして月経前症候群の症状が起こってしまうのでしょうか。月経前症候群になってしまう原因としては、まず女性ホルモンの分泌濃度が関係しています。ホルモンバランスが崩れるとイライラしたり、不安を感じやすくなったりして、月経前症候群の症状が起きてしまうのです。さらに日頃のストレス、食生活の偏りなども月経前症候群の症状を強くしてしまう原因になっています。なので、生理前のデリケートな時期は特にストレスを溜めないようにして、食事も様々な栄養素をバランス良く摂るようにしましょう。また、月経前症候群を改善するには、症状が起こってもあまり気にしすぎない事が大切です。月経前症候群の症状があるという事は、健康な女性である証拠でもあります。症状が重い時は休息を取るようにする、医師へ相談するなど、自分の体調を把握し、上手く付き合っていくようにしてくださいね。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ