うつ病の原因

「うつ病」は、誰もがなりうる病気です。一見、珍しい病と思われがちですが、実は私たちにとってとても身近な病気です。それはうつ病になる原因が私たちの生活に深く関わりを持っている事が大きなポイントとなっています。それでは、どんな事が原因になってうつ病が発症してしまうのか?詳しく見ていくことにしましょう。

皆さんは「うつ」という状態はどんなものか?と聞かれた場合、元気がない・落ち込んでいる・やる気がない、といったような症状を思い浮かべるかと思います。またそういった症状が出ているのは、そういう性格だから・気の持ち様でなんとかなる、といった原因からだと考えている方も少なくないでしょう。しかし、うつ病は性格上の問題や気の持ち様でどうにかなる病気ではありません。うつ病は、「脳」が関係している立派な病気なのです。

私たちの脳内では、神経細胞から神経細胞へ、神経伝達物質(ドーパミン、セロトニン、アドレナリンなど)の情報伝達が行われています。健康な状態の場合には正常に行われる情報伝達ですが、神経伝達物質が減少していたり、情報が上手く伝達されていかなかったりすると、脳内が一種の故障状態に陥ります。この脳内の故障状態が「うつ病」なのです。うつ病の多くは、様々なストレスが原因となって発症します。ストレスは心に負担をかけているように思われるかもしれませんが、実は脳内に大きな影響を及ぼしているのです。

では、どんな「ストレス」が脳内に影響を及ぼすのでしょうか。職場や学校でのストレス、家庭内でのストレス、ショックな出来事、病気、大切な人の死など、「ストレス」と一言で言っても、その内情は様々で一概には言えませんが、私たちが日頃から感じているその「ストレス」がうつ病の原因となっているのは事実です。また、新生活の始まりや引っ越し、結婚などの幸せな出来事からでもストレスを感じる場合があります。

このようにストレスがうつ病の原因となっているのは事実ですが、少しのストレスを感じたからといってうつ病が発症するわけではありません。自分が抱えきれない程のストレスを抱え込んでしまったときに、うつ病が発症してしまうのです。また、そのストレスを抱えきれる量というのも、人それぞれ違うものです。うつ病の原因を取り除くには、患者さんそれぞれが感じている様々なストレスを軽減させていく事が、うつ病改善への解決策となっています。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ