擬態うつ病

皆さんは「擬態うつ病」をご存じでしょうか。擬態うつ病は「うつ病」という言葉が入っていますが、擬態うつ病の症状は決してうつ病ではありません。それでは、擬態うつ病について詳しく説明していきましょう。

擬態うつ病とは、実際にうつ病の症状は無いにもかかわらず、「自分はうつ病なのだ」と思いこんでいる状態の事を指します。うつ病だからもっと気に掛けて欲しい、もっと優しくして欲しい、などといった「甘え」の行動や言動が見られる事が特徴です。本当にうつ病である場合は、このような甘えが見られるどころか、「自分はこのままで良いのだろうか」「自分は人に必要とされているのだろうか」といった、自分自身を責めるような行動や言動の方が目に付きます。なので、擬態うつ病=偽物のうつ病という訳ですね。

擬態うつ病と本当のうつ病患者さんの見分け方はこのような点ですぐに分かるかと思います。常に気にされていたい、自分はうつ病だからもっと優しく扱って欲しい、といった甘い考えから擬態うつ病は生まれます。こういった症状もある種の精神疾患に当てはまりますが、決してうつ病ではありません。しかし、擬態うつ病は増加傾向にあり、擬態うつ病の症状が本来のうつ病の症状である、という誤解も生まれてきていますので、全く別物だという事をしっかり区別していかなければなりません。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ