引越しうつ病

皆さんは「引越しうつ病」という病名をご存じでしょうか。引越しうつ病は、その名の通り「引越し」が原因となって発症するうつ病です。それでは、引越しうつ病について詳しく説明していきましょう。

引越しを行う準備、片付け、実際の引越し作業に始まり、引越し先に住むようになってからも、私たちには様々なストレスが降りかかります。引越した事による環境の変化、人間関係の変化、気候の変化、言葉や風習の変化などなど、いくら柔軟性が高い方でも、引越しをする事は心身共に重労働です。特に精神的な悩みは、引越し後も次々と溢れてきます。近所の人たちと仲良くなれるだろうか、地域の風習に馴染めるだろうか、子どもは転校先でしっかりやっていけるだろうか、などといったように、引越しをした後にもストレスを感じる事は様々あります。このような事が原因となって、憂うつな気分になり無気力になる、引越しうつ病が発症してしまうのです。

また、引越しうつ病とほぼ同様の病状としては「転勤うつ病」といううつ病も存在しています。転勤に伴う引越し、または引越しに伴う転勤など理由は様々あるかと思いますが、引越し先と同様に、転勤先でもストレスを感じる事が増えていきます。職場環境も変化しますし、人間関係もまた一から作りあげていかなければなりません。また、仕事の内容も今までやってきた仕事とは全く変わったものになるかもしれません。転勤うつ病も、引越しうつ病のようにそういったストレスが原因となって発症する病気です。

予防としては、やはり引越しや転換という事態を重く感じない事が大切ですが、不安は誰でも感じるものです。もし引越し後や転勤後に、憂うつ感やイライラ感、何もやる気が起こらないといった無気力さを感じる事が増えたり、気分転換をしても一向に改善しない場合は、うつ病である事が考えられます。また、ご自身だけではなくご家族がうつ病になる事も考えられますので、十分に気にかけてあげましょう。少しでもおかしい、と感じたら早めに心療内科や精神科を受診し、医師によく診てもらうようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ