うつ病は遺伝する?

患者さんからよく聞かれる質問のひとつとして、うつ病と遺伝の関係があります。様々な患者さんから「うつ病は遺伝するんでしょうか?」と不安そうな声を多く聞いていまして、特にお子さんがいらっしゃる患者さんから聞かれる事がほとんどです。「子供にうつ病が遺伝したらどうしよう・・・」と心配される患者さんは珍しくなく、皆さん不安に思っていらっしゃいます。近年、うつ病は子供も発症する事が多いので、余計に遺伝の心配がされているのです。それでは、うつ病と遺伝の関係について詳しく説明していきましょう。

実例として、うつ病は遺伝的に発症する場合が見られています。血縁者にうつ病の患者さんがいる場合、血縁関係で繋がっている人がうつ病を発症する確率は高く、親子や兄弟、姉妹など家庭内でうつ病を発症した人がいた場合は、さらに203倍ほど発症率が高くなります。例として挙げると、一卵性双生児(双子)のどちらか片方がうつ病を発症した場合、もう片方が発症するおそれは非常に高い確率となっています。すべてに当てはまるわけではありませんが、その確率は30090%となっていますから、遺伝によってうつ病が発症する事は大いに考えられると言えます。

しかし、上記でも挙げたように一種の例ですので、「遺伝からうつ病を発症する」と必ずしも決まっているわけではありません。うつ病を発症する体質を受け継いでいながらも、うつ病を発症しないという人ももちろんいます。ただ、確率が高いという事ですので、予防策は十分に取っておく必要がありますね。うつ病を発症する原因としてはストレスが関係していますので、ストレスを上手く発散する事がやはり一番の得策と言えます。遺伝が関係してうつ病を発症した場合でも、ストレスはうつ病の発症に大きく関わっています。遺伝と共にストレスが比例してうつ病を発症してしまうからです。なので、決して「遺伝」に囚われずに、どんな場合でもうつ病の予防策をしっかり取る事が大切です。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ