仮面うつ病

皆さんは「仮面うつ病」という病名を耳にした事があるでしょうか。あまり聞き慣れない病名かと思いますが、実は近年増加傾向にあるうつ病のひとつなのです。それでは、仮面うつ病について詳しく説明していきましょう。

仮面うつ病は、通常のうつ病である【単極性うつ病】や心理的な問題が関係している【心因性うつ病】などとは違い、精神的な症状が現れる事が少ないという点が特徴です。憂うつな気分になったり、落ち込んだり、不安を感じたりといった精神的な症状はあまり強くは現れないのですが、不眠の症状があったり、食欲がなかったり、めまいや頭痛、耳鳴り、疲れが取れにくく全身の疲労感を感じるなど、身体的な症状が色濃く現れます。本来、うつ病の症状は精神的な症状が強く見られますが、仮面うつ病の場合は精神的な症状が「仮面の下に隠れている」という事から、仮面うつ病と呼ばれるようになりました。通常、私たちが認識しているうつ病の症状とは一風変わった症状が見られるうつ病なので、うつ病と診断されない場合もありますし、精神科医師でも診断が困難である場合があります。患者さん自身も気づかないので、内科を受診しても「原因が分からない」と診断された患者さんも多くいらっしゃいます。

精神科の医師でも診断が難しい仮面うつ病で最も危険とされているのは、疲労感や不眠などの身体症状に気を取られたばかりに、うつ病である事に気づかないということです。仮面うつ病が発症している事に気づいていない場合、患者さんは今の状態で目に見えて現れている身体的な症状だけを治そうとします。そうすると身体的な症状が出た原因であるうつ病の症状を放っておいてしまう事になるので、病状はますます悪化し、治そうとしていた身体的な症状も完治する事はありません。もし、通常のうつ病の症状が無い場合でも、疲労感や不眠の症状、食欲不振などの症状が長引く場合には、仮面うつ病であるおそれが考えられます。仮面うつ病は働き盛りのサラリーマンの方や、真面目で几帳面な性格の方が発症しやすく、仕事が忙しいせいか「ただ疲れているだけだ」と問題にしない場合が多く見られています。仮面うつ病は、うつ病の症状と診断しにくいところもありますが、もし発症していると考えられる場合は、早めに心療内科や精神科を受診してください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ