軽症うつ病

近年、患者さんが増加傾向にあるうつ病の分類として「軽症うつ病」があります。皆さんはまだあまり耳にした事がないかもしれませんが、軽症うつ病は、現在のうつ病患者さんの増加に深く関わっている病状のひとつです。それでは、軽症うつ病について詳しく説明していきましょう。

軽症うつ病の患者さんに主に見られる症状としては、なんとなく憂うつで気分が落ち込んでいる、イライラする事が増えた、怒りっぽくなった、集中力や判断力が低下しているような気がする、仕事や勉強が思うようにはかどらない、楽しいと感じていた趣味に興味がなくなってきた気がする、テレビなどを観たいという気がしない、体の疲れが取れにくくなった、朝は早く起きてしまう事が増えた、よく眠れない事が増えた、最近寝付きが悪い、などといった症状が挙げられます。

以上の事からお分かり頂けるかと思いますが、軽症うつ病の症状は一般的なうつ病である【単極性うつ病】の症状とほぼ同じような症状です。しかし、どの症状も一般的なうつ病に比べ「軽症」であるという点が異なっています。そのため、うつ病という自覚症状がなく、うつの症状と気がつかないまま放っておいてしまう事が多く見られています。症状が軽いため、実際にはうつ病の症状ではなく「少し気分が落ち込んで塞ぎがちになっているだけ」という場合もありますが、以上のような症状がある場合は軽症うつ病であるケースも考えられる事から、最近では「軽症うつ病」といううつ病も存在している、という事を積極的に呼びかけています。

軽症うつ病も、放っておくと病状が悪化しかねません。なので、もし皆さんの中にも「うつ病のような症状はあるけれど、それほど症状は重くない」といったように、少しばかり不安を感じているという方々がいらっしゃったら、ぜひ一度心療内科や精神科の医師の元を訪れてみてください。診察に不安を感じる事はありませんので、気軽な気持ちで病院に来ていただけば大丈夫です。うつ病は、早期発見と早期に治療を開始させる事が完治への第一歩です。軽症のうちに見つけられれば、完治までの期間も短くなります。少しでもうつ病への不安を感じた場合は、医師へ相談してみてくださいね。または、カウンセラーによるカウンセリングもおすすめです。カウンセリングについては【カウンセリング治療とは】をご覧ください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ