季節性うつ病

皆さんは季節によって気分が落ち込んだり、憂うつになったりする事はないでしょうか。その症状はただの気の持ちようの場合も考えられますが、毎年のように繰り返し起こったり、症状が重いような場合は「季節性うつ病」が発症しているおそれもあります。それでは、季節性うつ病について詳しく説明していきましょう。

季節性うつ病は、季節性情動障害、季節性気分障害、季節性感情障害とも呼ばれている精神疾患のひとつです。英語では「Seasonal Affective Disorder」と呼ばれるため、一般的には通称して「SAD」と呼ばれています。この季節性うつ病は、どの季節にも症状が起こると言われていますが、特に多いのは冬季に発症する季節性うつ病である「冬季うつ病」です。冬季うつ病は10011月頃になると気分が塞いだり、憂うつになったりする事が増え、疲労感や倦怠感、気力が出なかったり、食欲が過剰に上昇したり、炭水化物や甘い物を過剰摂取したり、過眠の症状が出たり、通常のうつ病とはまた違った症状が現れます。冬季うつ病は102月あたりをピークに迎え、203月からは徐々に落ち着きを取り戻し、健康な状態へ戻っていくのが特徴です。冬季限定でうつの症状が見られるという事ですね。また、季節性うつ病には冬季うつ病の他、夏の時期に発症する「夏季うつ病」もあります。夏季うつ病の場合は、冬季うつ病に対して食欲不振になったり、不眠症になるなどの症状が起きやすく、季節性うつ病は時期によって症状が異なります。

季節性うつ病の患者さんは、うつ状態になる季節以外は比較的健康で元気な生活を送っているので、一見、うつ病だとわかりにくい部分があります。ただ「苦手な季節だから・・・」という場合もありますが、うつの症状が毎年のように繰り返し起きたり、精神的や身体的に症状が重かったりする場合には、季節性うつ病である事が考えられます。もし疑いがある場合には、一度心療内科や精神科を受診してみてください。季節性うつ病の治療は、投薬治療も行いますし、冬季うつ病の場合は日光浴などで光を浴びる事で治療を行っています。それほど難しい治療ではないので、もし不安な場合には気軽に医師へ相談してくださいね。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ