子供のうつ病

現在、うつ病は大人だけが発症する病気ではありません。子供もうつ病になる事があり、様々な問題になっています。それでは、子供のうつ病について詳しく説明していきましょう。

子供がうつ病を発症しやすい場所には、主に学校や家庭が挙げられます。特に学校は様々なストレスを感じやすい場所で、子供の性格などによっては毎日緊張しながら長時間を過ごさなくてはならない事もあり、精神的に追い詰められてうつ病を発症する事が多く見られています。子供のうつ病によく見られる症状としては、授業に集中できずにぼーっとしている事が多い、友だちと遊ばずに一人でいる事が多い、給食を残してしまう、イライラする事が増えた、元気がない、よく泣くようになった、など様々な症状が見られます。うつ病を発症する原因には上記のような精神的ダメージの他、いじめであったり、勉強や友だち関係の不安であったり、はっきりとした理由がある場合もありますが、今まで元気に学校に通っていた子ども急に学校に行きたくない素振りを見せるようになった場合は特に注意してください。うつ病が発症する原因には、はっきりした理由がない場合も考えられます。いじめや友だち関係、勉強の問題などは「登校拒否」に当てはまる事が多いのですが、特にこれといった理由がない場合に元気がなかったり、イライラしたりする事が増えたら、うつ病であるおそれが高いです。

また、学校だけではなく、家庭環境も子どものうつ病と深い関わりがあります。親がいつもケンカしていたり、親が家を空ける事が多かったり、子どもの心に負担を掛けるような事をしてはいないでしょうか。子どもの心はとても感受性が豊かです。そういった負担が重なってうつ病の発症へと繋がってしまう事も考えられます。その他、子どもの行動や言動がいつもと違う、少しでもおかしいと思った場合にはすぐに心療内科や児童精神科を受診してください。現在は子どものうつ病も増えてきているため、児童精神科を扱っている病院もあります。うつ病は早めの治療が完治へ繋がりますので、早めに医師に診せるようにしましょう。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ