うつ病は克服できる?

よく患者さんから「うつ病になったら、一生付き合っていかなきゃいけないのだろうか?」「うつ病は治らないんじゃないか?」と、うつ病に対しての不安な声を聞く事があります。うつ病の患者さんは主に不安感や焦燥感といった症状が見られるものですが、うつ病と診断され治療が始まると、治療に対しての不安というものもまた新たに現れてきてしまいます。例えば、投薬療法を続けていても「薬を飲んでも治らなかったらどうしよう?」といったように不安感ばかりが先走り、「早く治さなきゃ」という焦る気持ちも同時に現れてきてしまい、結果として治療に遅延が出てきてしまう事も珍しくありません。患者さんによっても様々ですが、うつ病の治療はとても長い時間が必要なのです。

しかし、うつ病は完治しない訳ではありません。時間はかかりますが、正しく治療を行っていれば必ず克服する事ができます。では、どうしたらうつ病は克服できるのでしょうか。うつ病を克服するにあたって、大切な事をいくつか挙げておきましょう。

まず、投薬療法においては、医師からの指示をしっかりと聞く事。うつ病の治療薬として使われている抗うつ薬や抗精神薬は、服用方法を誤ってしまうと、重い副作用や治療が長引く事に繋がります。薬の服用を自分の判断で勝手にやめたり、服用量を増やしたり減らしたりする事は絶対にやめましょう。必ず医師の指示の元で服用してください。そして、薬だけに頼らない事もうつ病の克服には大切です。うつ病の治療法には、投薬療法の他に「認知行動療法」などの精神療法があります。この精神療法を使って治療を進めていく事で、うつ病に対する心構えを作り上げる事ができ、心身共に強くなれるので、結果としてうつ病の完治へ導く事ができます。特に認知行動療法は、自分自身のうつ病に対する意識を変えていく事ができるので、うつ病の治療法としてとても重要視されています。医師からも薦めている治療法ですので、医師と共に認知行動療法で完治を目指しましょう。認知行動療法については、【認知行動療法とは】で詳しく説明していますので、ぜひご参考ください。

このような治療法の他、周りの助けをありがたく借りる事や弱みをしっかり見せる事もうつ病の克服には大切です。無理をせずに周りの人たちに頼りながら、時間をかけてゆっくりと治していきましょう。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ