更年期うつ病

うつ病は、更年期を境に発症する事が多く見られています。「更年期うつ病」と呼ばれ、近年では増加傾向にあります。特に女性に多く見られているうつ病で、更年期に起きる精神的、身体的症状のひとつです。それでは、更年期うつ病について詳しく説明していきましょう。

まず更年期についてですが、年齢としては平均して40065歳に当てはまります。子どもに手がかからなくなり、子育てが一段落してくる時期で、状況的には落ち着きをみせる時期です。しかし、今まで子育てを生き甲斐として日常生活を送ってきた方々にとっては、胸にぽっかりと穴が空いてしまったような喪失感が生じます。その喪失感からうつ病の症状はやってくるのです。また、親の介護疲れ、夫との関係、近所の人間関係、元々更年期障害の症状があったなど、様々なストレスが原因になって更年期うつ病を発症する事があります。

そのような原因から、憂うつな気分になったり、訳もなくイライラしたり、頭痛や肩こり、腰痛などの身体的な症状も現れてきます。その他にも吐き気、食欲不振、不眠、のぼせ、手足の冷え、胸が苦しくなるなどの症状が挙げられます。これらの更年期うつ病の症状は、従来からの更年期障害にも見られている症状ですので、経験されている方々も多いのではないでしょうか。このように、更年期うつ病と更年期障害は症状が非常に似ているのですが、根本的な治療方法はそれぞれ異なります。更年期障害でも気分の落ち込みや不安感などの症状が見られますが、趣味を楽しんだり、人と話をしたり、旅行をしたりするなど、気分転換をする事で大体の症状は緩和されていきます。しかし、気分転換をしても症状がなかなか改善されず、ますます気分が憂うつになったり、気力がなくなってきている場合は、更年期うつ病を発症している事が考えられます。患者さん自ら気づく事は難しいと思いますので、患者さんのご家族が普段からよく気に掛けてあげる事が大切です。何らかの変化が見られ、更年期うつ病であるおそれが考えられる場合には、早めに心療内科や精神科を受診し、医師の
診察を受けるようにしましょう。

また、更年期うつ病は特に女性を中心に多く見られていますが、男性も発症してしまうケースもありますので、十分に注意しておきましょう。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ