うつ病の主な薬

うつ病の治療法のひとつに投薬療法がありますが、投薬療法では様々な治療薬が使われています。うつ病に効果のある「抗うつ薬」を初めとして、非常に多種多様な治療薬があります。それでは、うつ病の治療薬について詳しく説明していきましょう。

うつ病の治療には、抗うつ薬が主に使われていますが、その他にも「抗不安薬」や「睡眠導入剤」が使用される事もあります。抗うつ薬は効果が出るまで時間がかかるので、繋ぎの役割として即効性のある抗不安薬や睡眠導入剤が使われているのです。しかし、抗うつ薬のように抗うつ作用はないため、効果の幅は大きくありません。また、抗うつ薬でも効果がない症状の場合には「抗精神病薬」を使う事もあり、患者さんの症状によって使われる薬は異なる事がほとんどです。

それでは、現在、うつ病の投薬療法で主に使われている抗うつ薬を紹介しておきましょう。まず一つ目は「SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)」です。セロトニンの再取り込みを阻害する効果があり、憂うつな気分を取り除き気分を軽く楽にさせる効果を発揮します。詳しくは【SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)】をご覧ください。また、SSRIと似たような名称の薬としては「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)」もよく使われている抗うつ薬のひとつです。SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する効果を発揮し、SSRIよりも意欲を高める作用があります。詳しくは【SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)】をご覧ください。

その他、最も古いうつ病治療薬として有名なのが「三環系抗うつ薬(TCA)」です。アナフラニール、ノリトレン、トリプタノール、トフラニール、アモキサン、アンプリットなどが挙げられますが、SSRIが登場してからは比較的軽症のうつ病患者さんの治療には使われなくなりました。また、「四環系抗うつ薬」としてはテシプールが有名です。他にもリーマス、エビリファイ、ドグマチール、デパケンなどが使われています。これらの薬についてはそれぞれ別記していますので、詳しくはそちらをご覧ください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ