休職から復帰のタイミングは?

うつ病で休職した場合、仕事に復帰するタイミングは、十分な治療期間を過ごしてからでなければなりません。うつ病は完治までに長い時間がかかる病気です。「今日は気分がいい」という日が数日続いていても、ちょっとした疲れなどからうつの症状が再度現れてしまう事もしばしば見られています。うつ病の経過は長期で診ていかなければならないので、数日間や数週間の心身の状態から、仕事復帰の判断をしないようにしましょう。また、患者さん個人の判断で仕事に復帰するなどといった事態は、非常に危険です。うつ病の症状が落ち着かないまま復帰をしても、ますます症状が重くなるばかりです。医師も短期間での判断はしませんので、治療期間は治療に専念し、仕事に復帰できるように長い目で見ていくようにしましょう。

一般的に、うつ病の仕事復帰のタイミングとしては、短くても3ヶ月間の治療を終えた頃としています。3ヶ月間たっぷり休息を取り、復職できるくらいまで回復した傾向が見られたら、医師の判断の元、患者さんには仕事に復帰してもらいます。しかし3ヶ月ではまだ回復までに至らない、という場合は半年01年くらいは休職する事を薦めています。特に長引いているうつの症状の場合は、十分な休息が必要となります。うつ病にとって、休息を取る事は大切な治療策です。投薬療法も精神療法もうつ病の治療には必要ですが、完治に至るまでには心と体をしっかり休ませる事が最も大切なのです。うつ病の治療期間には、認知行動療法などで仕事復帰に向けての準備をすると共に、休息を十分に取る事を心掛けましょう。

また、この機会に生活習慣も規則正しくしてみる事も薦めています。睡眠時間、食事を摂る時間、薬を飲む時間などを、無理のないように時間を決めて毎日を過ごしてみましょう。仕事に復帰するには健康な心と体が必要です。これから健康な生活を送っていけるように、こうして少しずつ仕事復帰に向けて行動していく事が大切です。とは言っても、患者さんひとりで決められない事もありますね。その時は家族などの周りの人たちに遠慮なく頼りましょう。ご家族の皆さんも、患者さんの仕事復帰にご協力ください。周りの理解と協力も、うつ病の完治には必要です。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ