慢性的な病気とうつ病

うつ病が発症する原因として、慢性的な病気が関係している場合があります。うつ病の多くはストレスなどの精神的な重荷が原因になっていますが、通常、うつ病とは直接関係があると考えづらい症状が、実はうつ病の原因になっている事も珍しくありません。それでは、慢性的な病気が関係して発症するうつ病について詳しく説明していきましょう。

うつ病に関係している慢性的な病気としては、身近な病気ですと「肩こり」があります。「肩こりなんて誰にでもある症状では?」と思われるかもしれませんが、重症の肩こりの場合はうつ病を引き起こす原因にもなっているのです。肩こりは特に女性に多く見られる症状ですが、慢性的に肩こりの症状がある方はうつ病の危険性が非常に高く、放っておくと肩こりの症状だけではなく、うつの症状まで悪化してしまうおそれが考えられます。また、肩こりの症状が現れている事自体がうつ病である事を知らせている場合もあり、慢性的にひどい肩こりがあり一向に改善されないという方は、心療内科や精神科でカウンセリングなどを受けてみる事をおすすめします。「整体院に行っても治らない」という肩こりなどは、精神的なものと関係している事が多くあります。

その他、肩こり以外にも頭痛や吐き気、めまいなどの症状が慢性的にある場合にも、うつ病が関係している事が考えられます。慢性的な不眠の症状がある場合なども同様です。内科などで診断を受けても何も原因が分からない、薬を飲んでも治らないなど、改善が見られない場合には心療内科や精神科を受診してみてください。もし肩こりや頭痛、めまいなどの身体的症状が、うつ病などの精神疾患が関係しているようであれば、患者さんの話を良く聞きゆっくりと治療を始めていきます。「少し不安に感じる事があるんだけど・・・」といったちょっとした事でも良いので、まずは気軽に医師に相談してみてくださいね。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ