ノリトレン

「ノリトレン」は、以前からうつ病の治療薬として使われている三環系抗うつ薬です。【スルモンチール】などと同様の第一世代の抗うつ薬で、現在使われている新世代の抗うつ薬に比べ、非常に古いタイプの抗うつ薬となります。それでは、ノリトレンについて詳しく説明していきましょう。

ノリトレンの一般名称は「ノルトリプチリン」といいます。ノリトレンは薬としての商品名なので、薬が処方される際にはノリトレンという名称になります。主にうつ病の治療薬として使われるノリトレンには、うつ病の症状である憂うつ感や不安感を和らげ、気分を楽にしていく効果があります。神経伝達物質の「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の分泌量を増やす作用があり、うつ病の症状がだんだんと回復していきます。うつ病の他にも、パニック障害などの精神疾患の治療薬としても使われています。また、頭痛や神経痛の治療、子供の夜尿症の改善などにも使われる事があり、うつ病のみでなく様々な用途があります。

ノリトレンを初めとした第一世代の抗うつ薬は、効果が高い事が特徴として挙げられますが、その分、副作用が強い事もまた特徴です。主な副作用の例としては、口の渇き、吐き気、眠気、便秘、食欲不振、めまい、立ちくらみ、動悸、不整脈、頻脈、倦怠感、手が震える、排尿しづらい、目がかすむ、といった症状が挙げられます。このような症状が現れても、軽い副作用でしたら特に大きな問題はないのですが、症状が重い場合にはすぐに医師へご連絡ください。非常に稀な事なのですが、「悪性症候群」などの重症の副作用が現れている場合がありますので、すぐに医師に診せるようにしましょう。また、ノリトレンは服用してから効果が現れるまで少し時間がかかります。副作用や作用時間などについても、医師の指示をよく守りよく理解した上で服用するようにしましょう。そして、患者さんだけでなく患者さんのご家族の皆さんも、薬についてよく学ぶようにしてください。抗うつ薬には非常に様々な種類がありますので、患者さんが服用している薬だけでも、どのような効果がありどのような副作用が起きるのかをよくチェックしておきましょう。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ