老人性うつ病

人間は年齢を重ねるごとに足腰が弱くなったり、物忘れが激しくなったりと、身体的な機能が低下していきます。これは生きている上で仕方のない事ですが、こういった事がきっかけでうつ病になるケースも珍しくありません。こうしたうつ病の事を「老人性うつ病」と呼びます。それでは、老人性うつ病について詳しく見ていきましょう。

老人性うつ病は、お年寄り特有のうつ病の事を指します。上記のような老化に伴う症状の他、気分が塞いでいるように見られたり、落ち込んでいるように感じたり、何に対しても興味を持たなくなったりなど、通常のうつ病と同様の症状が現れます。老人性うつ病の場合、患者さんご自身が気づくという事はあまり多く見られません。やはり、一緒に生活をしている家族が気づいてあげられる事が一番なのですが、近年では一人暮らしのお年寄りもとても多くいらっしゃいますよね。一人暮らしというのは誰でも不安を感じるものですが、特に若い頃に比べて体の自由が利かなくなったお年寄りにとっては、非常に強い不安があるものです。さらに、年齢を重ねていくと、今まで仲良くしていた知り合いと連絡が取れず会えなくなってしまったり、または大切な配偶者や友人が亡くなってしまったり、様々な喪失感を強く感じる事が多くなります。老人性うつ病は、そういった「喪失感」が原因となって発症する事がほとんどなのです。

しかし、老人性うつ病の症状は、誰にでもある老化現象だと認識してしまう事が多いので、発見までに時間がかかる事もしばしばあります。また、老人性うつ病は認知症とも症状が似ている事が特徴です。どちらも脳が関係している病気なのですが、老人性うつ病と認知症もまた違った病気ですので、病名の判断は医師の診断に任せるようにしましょう。そして、老人性うつ病の予防としては、若い人と接する機会を増やす事や積極的に色々な事にチャレンジする事が大切です。引きこもりがちになってしまっているお年寄りも多く見られていますから、少しでも外に出たり、色々な人とふれあう機会を増やしてあげるようにしましょう。老人性うつ病の予防には家族の協力が必要ですよ。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ