ルボックスとデプロメール(SSRI)

抗うつ薬「ルボックス」と「デプロメール」は、新世代の抗うつ薬である「SSRI」です。SSRIについては【SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)】で詳しく説明しているので、そちらをご参考ください。それでは、ルボックスとでプロメールについて詳しく説明していきましょう。

ルボックスとデプロメールは、うつ病の投薬療法で使われるSSRI、セロトニン再取り込み阻害剤です。一般的には「マレイン酸フルボキサミン錠」と呼ばれ、ルボックスやデプロメールという名称はそれぞれ商品名となっています。特にデプロメールは、1999年に日本で初めて認可されたSSRIとして有名です。セロトニン系の神経伝達物質のみに作用する事が特徴として挙げられます。薬の効果としては、憂うつな気分や落ち込んだ気分を緩和させて気持ちをリラックスさせる事ができ、意欲を高める効果もあります。【パキシル】などと同様にうつ病や強迫性障害の治療に使われています。

ルボックスやデプロメールは、従来使用されてきた抗うつ薬に比べて副作用が軽減されている事も大きな特徴となっていますが、多少の副作用がある事は否めません。従来の抗うつ薬でも口の渇きや便秘などの症状が副作用として現れていましたが、ルボックスやデプロメールでも同様に口の渇きや便秘の症状、または吐き気や眠気などの副作用が現れる事があります。重症の副作用の場合は、血圧の変動、発熱、発汗、頻脈などの身体的症状が現れる事も考えられますので、服用の際は医師の指示に従って正しく服用しましょう。抗うつ薬の服用は、ルボックスやデプロメールに限らず非常に高いリスクを伴います。患者さんのご家族の皆さんも、そのリスクを十分理解した上で服用させるようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ