産後うつ病

皆さんは「産後うつ病」という病名をご存じでしょうか。女性の皆さんの中には耳にした事がある方もいらっしゃるかと思います。中には「実際に産後うつ病を経験した」という方もいらっしゃるかもしれません。産後うつ病は女性特有のうつ病で、放っておくと子どもにまで影響が及ぶ場合があります。それでは、産後うつ病について詳しく説明していきましょう。

産後うつ病とは、赤ちゃんを出産した後の女性が発症するうつ病の事を指します。妊娠、出産を経験した女性はホルモンバランスの急激な変化が起こります。そのホルモンバランスの変化などが原因となって、産後うつ病の症状が現れます。また、子どもを産んだ事による生活環境の変化、自身の心境の変化、子育てのストレスなども産後うつ病の原因として挙げられます。産後、必ずしもうつの症状が現れる訳ではありませんが、産後の女性ならば誰でもなりうるおそれがあると考えていいでしょう。

近年、産後うつ病は、出産を経験した女性の10015%が発症しています。全体としては少なく思えるかもしれませんが、その症状は非常に過酷なものです。さらに、産後うつ病という病気がまだあまり理解されていないという事も、患者さんが抱えている不安を増幅させる原因となっています。周りの家族や友人が、自分がうつ病である事を理解してくれないというのは、患者さんにとってはとても苦しく、身動きが取れない状態です。また、自分がうつ病である事を認めたくなかったり、うつ病である事に気づいていない場合もあります。このような事からストレスを感じる事が多くなり、うつ病が原因となって、母親から子どもへの虐待や育児放棄などの二次被害が起きてしまう事も珍しくありません。産後うつを放っておくと、母親だけではなく、子どもも苦しむ事になるのです。

また、産後うつ病になりやすいとされているのは、真面目に子育てをしようとする、妥協せずに子育てをしようとする、といった真面目な性格の方が多く見られています。子育てに対して真面目に取り組みすぎる傾向から、うつ病になってしまうのです。子育ては、決して子育て本通りなどにはいきません。子育てに正解などありませんから、子育て本や周りのお子さんの成長に焦ることなく、自分なりの子育て方法を見つける事が大切です。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ