生活保護を受けるには?

「生活保護」とは、国が国民に対して最低限度の生活を保障する事で、主に生活保護費を支給する事を行う「生活保護法」という制度が定められています。うつ病の患者さんにも、生活保護を受けながら生活している方々もいらっしゃいます。それでは、うつ病における生活保護について詳しく説明していきましょう。

うつ病は、なかなか見た目からは分かりにくい病気です。そのため、「本当に病気なんだろうか」?と疑われてしまう事もしばしばあります。患者さん本人にとっては非常に辛い事ですが、現実にそう見られる事は多いので、生活保護が受けにくいという事も少なからずあります。しかし、医師から診断書や証明症を発行してもらえれば、生活保護は受ける事ができます。但し、生活保護を受けられる条件としては、家族や親族にも仕事や収入が無い事、預金や家などの何らかの財産が無い事が挙げられます。ご家族に養ってもらえる状況にある場合は、生活保護を受ける対象にはなりません。預金や財産などを売って生活ができる場合も、同様に生活保護を受ける対象ではありませんので注意しましょう。

また、うつ病患者さんの生活を援助するものとして「傷病手当金」というものがあります。傷病手当金が支給されている場合は、生活保護ではなく傷病手当の方を優先させてください。もし傷病手当金で足りないという場合、その足りない分は生活保護によって支給されるようになります。生活保護を申請する際には、傷病手当金についての情報も必要となりますので、よく把握しておくようにしましょう。傷病手当金については【傷病手当金って?】で詳しく説明していますので、こちらもご参考ください。ご家族がいらっしゃる場合は、ご家族の皆さんともよく話し合うようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ