うつ病患者との接し方

うつ病は、患者さん本人に辛さを与える他、患者さんに接している周りの人々にも精神的な疲れを生じさせてしまうことがあります。しかし、うつ病の治療はゆとりを持つ事が最も大切です。そのため、患者さんも周りの人々も心にゆとりを持つことが、うつ病改善への第一歩へとなります。それでは、心にゆとりを持った接し方について詳しく見ていくことにしましょう。

うつ病の患者さんは、病気の症状として不安感や焦燥感を抱えています。イライラしていたり、落ち着かなかったり、精神的な疲労感に追われている状態です。なので、患者さんと話をする時は、時間や心にゆったりと余裕を持てるような環境を作ってあげてください。落ち着かない雰囲気やあわただしい雰囲気の環境では、心を落ち着かせる事ができません。患者さんは心の落ち着きを取り戻すには、自分の話をゆっくりできる環境が必要です。皆さんは、患者さん自ら話をしてくれるような環境で、話を聞いてあげましょう。うつ病の患者さんと接するときは、患者さんのペースで話を聞く事が大切なのです。

また、間違っても「がんばれ」などの励ましの言葉はかけないように注意してください。「がんばれ」という言葉は、患者さんの不安感や焦燥感をdき立てることになります。患者さんは「やはりがんばれていないのだ」、「もっとがんばらなければ・・・」といったように感じ、うつ病が悪化してしまう恐れが考えられます。時には「もう死ぬしかないんだ」と思い詰めてしまう場合もあります。非常に危険な状態に陥る事にも繋がってしまいますから、かける言葉に対しては充分に気を付けましょう。

このように、うつ病の患者さんに対する接し方は特別なものなので、患者さんに接している周りの皆さんは慣れない事で疲れが生じてしまうかもしれません。しかし、そこで大切なのは、患者さんと共に皆さん自身も心にゆとりを持つことです。また、病気を早く治そうとは思わない事も大切です。うつ病の改善に焦りは禁物です。焦ってもすぐに治る病気ではありませんから、症状の改善に向けてはゆっくり時間をかけ、ゆとりを持って接してあげてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ