うつ病と診断されたら

勇気を出して病院に来てくれたうつ病の患者さんにまず心に留めておいてもらいたいことは、「自分がうつ病であることに自覚を持つ」ということです。「自分はうつ病なんかではない」、「わたしはうつ病になんてなっていない」など思うことで結果的に自分を責めてしまうことになり、うつ病の悪化へと繋がってしまうことがあります。そうならないように患者さん自ら「自分はうつ病なんだ」と自覚してもらうことから、うつ病の治療が始まります。自分がうつ病であることを自覚する、というのは非常に辛いものです。「自分がうつ病であることを認めてしまうのが怖い」と感じる患者さんもいます。しかし、もしうつ病と診断され、うつ病を自覚することに恐れを抱いている患者さんがいましたら、自分がうつ病であることを認める勇気を出してみてください。自覚をすることを焦る必要は決してありませんが、思い切って自分がうつ病であることを認めてしまえば、案外と心は軽くなるものです。

そして、うつ病と診断された患者さんへの最も大切な注意点は、医師からの指示をしっかり聞くことです。受診している心療内科や精神科の医師から受けた指示は必ず守りましょう。患者さん個人の勝手な判断から行動に移してしまうことは、非常に危険です。特に投薬療法を行っている場合には、十分な注意が必要となります。投薬療法では、服用する薬の種類や量が決められていますので、医師から指示を受けた薬を正しく服用することが大切です。自分で薬の量を増やしたり、減らしたり、または服用をやめたりする事は絶対にしてはいけません。薬の量を勝手に変えてしまうと、うつ病が悪化する原因になってしまいます。どんな場合でも医師の指示は必ず守りましょう。また、わからない事があれば、気軽に医師に相談してくださいね。少しの問題でも構いませんから、まずは相談をしてみてください。不安感を和らげるためにも、定期的に医師と話をしてみましょう。

その他、家族や職場、学校などの周りの人々に「うつ病」という病気について理解をしてもらう必要もあります。しかし、あまり大きな問題に考えすぎないようにしましょう。うつ病には心と体の休息が必要です。自分の周囲のことも気になってしまうかもしれませんが、そこを断ち切る勇気というのもうつ病の改善には大切ですよ。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ