心因性うつ病

心因性うつ病は、心理的なストレスやショックを受けた場合に発症するうつ病です。日常生活、職場や学校、人間関係などが主な原因となっています。仕事に追われている、仕事のしすぎで疲れている、学校でいじめを受けている、職場の人間関係で悩んでいる、近所の人間関係で悩んでいる、何か嫌な事があった、大切なものを急に失った、大切な人が亡くなった、といったような原因が考えられます。他にもストレスやショックを感じる出来事は患者さんそれぞれで異なりますが、心因性うつ病の原因として考えられる原因は以上のようなものが主で、心理的な葛藤が原因となって、うつ病が発症します。

心因性うつ病は、主に反応性うつ病が一般的な症状として見られています。反応性うつ病は、うつ病になった原因がはっきりと分かっている病状の事を指します。原因を突き止めて、症状を改善していく治療を行います。その他、軽症うつ病や仮面うつ病なども、心因性うつ病に分類される病状です。近年、軽症うつ病や仮面うつ病の患者さんが増加傾向にあり、それに伴いうつ病を抱える患者さんも増加しています。軽症うつ病については【軽症うつ病】を、仮面うつ病については【仮面うつ病】で詳しく説明しましたので、そちらもご参考ください。また、軽度な心因性うつ病では、気分変調障害という病状もあります。気分変調障害の場合は、投薬療法をいくら行っても、症状が発症した原因であるストレスを取り除かない限りは改善しない傾向が強くあります。自分が感じているストレスの原因が分かっている場合は、そのストレスを一刻も早く取り除いてあげるようにしましょう。

このような様々なストレスやショックを感じて心因性うつ病が発症した場合は、パニック障害などの精神疾患を併発する事も珍しくありません。パニック障害は何らかのストレスやショックが原因となって「パニック発作」が起きる病気です。発作の症状としては、動悸がする、呼吸が苦しくなる、めまい、手足のしびれ、のぼせ、冷え、不安感、恐怖感などが挙げられます。これらの症状が併合して起こる場合をパニック発作と呼びますが、患者さんによって症状は様々です。発作が持続的に繰り返し起き、日常生活に何らの影響を及ぼすようであれば、パニック障害のおそれがあります。心因性うつ病の他、パニック障害のおそれも考えられる場合は、心療内科や精神科の医師によく相談してみてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ