障害年金の申請について

うつ病の場合、障害年金を申請する事ができます。但し、うつ状態やパニック障害などの場合は申請する事はできず、うつ病と診断された場合のみ可能です。しかし、一口にうつ病と言っても、病状は患者さんそれぞれで全く違うものです。その病状によって、障害年金の「等級」というものも変わりますので、まずは等級について詳しくお話しましょう。

障害年金の等級は、最も重度とされている1級から比較的軽度とされている3級まで、この3つに分類されています。3級は比較的軽度の病状ということで、うつ病の病状は持続的にあるものの、病状の進行は著しくない場合、また、仕事などの労働に制限が掛かってしまう場合を指します。「仕事は出来るが、就ける仕事には限度がある」という病状の範囲に当てはまりますね。それに対して2級は、病状が持続的または繰り返し発生し、日常生活に著しい制限が掛かってしまう病状を指します。他人からの援助が必ずしも要る訳ではないですが、一人で生活するには極めて困難な状態となります。また、「日常生活に制限掛かる」という範囲には、「仕事に就く事ができずに収入を得られない」という状態も含まれています。うつ病と診断され、病状が悪いため職に就く事ができない場合は、障害年金2級に当てはまります。そして最も重度とされている1級は、重度の病状が持続的にあり、頻繁に繰り返して発生する場合、常時の介護が必要となる病状の範囲を指します。

以上に挙げた等級のどの範囲に当てはまるかは、診断書によって決まります。診断書には様々な項目があり、アンケート形式になっています。現在の抑うつ状態について、現在の日常生活の状態について、日常生活の能力についてなどが問われます。現在の日常生活の状態については、食事の摂取、入浴や掃除など身の回りの清潔、買い物や金銭の管理、通院と薬の服用、他人との医師伝達、対人関係、身の回りの安全面などの程度が主に問われています。

障害年金を申請するには、この診断書を医師に書いてもらう必要があります。まずは普段の日常清潔や仕事について詳しく話し、医師とよく相談する事が大切です。患者さん自身が納得した上で障害年金の申請を行ってください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ