うつ病の主な症状

うつ病が発症すると、心身共に様々な症状が現れます。うつ病は「心の病」と言われることがあるように、精神的な症状も現れてきますし、共に身体的な症状も現れます。それでは、うつ病の症状について詳しく見ていくことにしましょう。

うつ病の症状として主に挙げられるのは、やはり精神的な症状です。訳もなく落ち込む・訳もなく不安になる・やる気が出なくなる、などといった症状が、皆さんがよく聞くうつ病の症状ではないでしょうか。こういった症状の他に、趣味などの「楽しい」と感じていた事が楽しいと感じられなくなった・どんな事にも興味が湧かなくなった・人に会うのが辛い・人に会うのがおっくうだ、仕事や勉強に集中できない・何に対しても決断力が鈍くなった・訳もなく悲しくなって涙が出る・イライラすることが増えた・訳もなく落ち着かない、などといった症状も、うつ病の症状として挙げられます。悲観的に物事を考えるようになり、生きているのが嫌になってしまう程の精神状態に陥る場合も少なくありません。何をやってもダメだと思い込み、「死にたい」と思うようになる場合もあります。

さらに身体的な症状としても、非常に様々な症状が現れます。体が重い・体がだるい・頭が重い・頭痛がある・めまいがする・肩こり・眠れない・寝付きが悪くなった・夜中に起きてしまう・いつもより早く起きてしまう・食欲がなくなる・性欲がなくなる・異性への興味がなくなる・体重が著しく増加した・体重が著しく減少した・手足のしびれ・生理不順、などといった症状が、うつ病の身体的な症状として挙げられます。

以上に挙げた症状の中には、一見、うつ病とは関係がなさそうに感じる項目があるかと思います。実際に、うつ病は特定の症状を見ただけではわかりづらい部分がありますので、このようなうつ病の症状にいくつか当てはまっていることが診断の条件になります。また、いくつか当てはまっていると自分で簡易診断ができた場合には、早めに心療内科または精神科を受診してください。症状を放っておいても状況は何も変わりません。とにかく一人で抱え込まないで、まずは誰かに相談することが大切です。家族などの身近な人への相談後でも構いませんので、「病院へ行く」という勇気を出してくださいね。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ