SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)

うつ病の投薬治療で使われている最新の治療薬では、【SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)】などが有名ですが、そのSSRIよりも新しい抗うつ薬である「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)」もうつ病の治療薬として積極的に使われています。それでは、SNRIについて詳しく説明していきましょう。

SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する効果のある薬です。まずは「ノルアドレナリン」について詳しく説明していきますね。ノルアドレナリンは、セロトニンと同様、神経伝達物質のひとつです。ノルアドレナリンが分泌されると交感神経が刺激されるので、気力がない状態からやる気を湧き出させたり、憂うつだった気分を良い状態へ向上させる事ができます。SNRIは、このノルアドレナリンと、憂うつな気分を取り除いて気分を楽にさせる効果を持つセロトニンの再取り込みを阻害する効果があるのです。セロトニンについては【SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)】に記載していますので、そちらをご覧いただければと思います。また、SSRIとSNRI共に作用する「再取り込み」についてもそちらで説明していますので、併せてご参考ください。

以上のように、SNRIは気分を楽にさせながら気力をアップさせる効果を持ち、うつ病の治療薬として非常に高い効果を発揮します。うつ病だけではなく、うつ状態の患者さんにやる気を出させるためにも効果的です。効能としては三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬と同じ程度で、薬としての副作用はSSRIと同じ程度現れます。最新の抗うつ薬なので副作用が起きる事は非常に少ないですが、口の乾き、吐き気、眠気、排尿しにくくなる、便秘になるといった症状が見られます。また、重い症状の場合は「セロトニン症候群」というセロトニンの再取り込みを阻害する薬特有の副作用が起きる場合があります。非常に稀なものですが、抗うつ薬はリスクが伴うものですので、もし服用後に変化が見られるようであれば、すぐに医師に相談しましょう。患者さんのご家族の皆さんも、よくご理解の上で服用させるようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ