その他の治療薬

うつ病の治療薬として、主に使われているのは「抗うつ薬」ですが、症状が軽い場合やあまり強い作用が要らない場合には、「抗不安薬」が使われます。それでは、抗不安薬について詳しく説明していきましょう。

抗不安薬は、主にうつ病の症状である憂うつ感や不安感を抑制する働きをしています。神経伝達物質のひとつである「GABA(ギャバ)」の受容体の働きを高める作用があるので、うつ病の症状を改善させる効果があります。うつ病に効果がある抗不安薬には様々な種類があり、大きく分けると、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系、ジフェルメタン系などに分類されます。現在の日本では、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が特に多く使われていますので、ここではベンゾジアゼピン系の抗不安薬を主に説明していきましょう。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型、超長時間作用型といったように、薬が作用する時間によっても分類されている事が特徴です。短時間作用型の抗不安薬としては、クロチアゼパム、フルタゾラムなどが一般に使われています。さらに中時間作用型にはロラゼパム、ブロマゼパム、アルプラゾラム、長時間作用型にはジアゼパム、フルジアゼパム、クロキサゾラム、オキサゾラム、メタゼパム、メキサゾラム、クロルジアゼポキシド、超長時間型にはプラゼパム、フルトプラゼパムなど、非常に多様です。薬の作用時間は、うつ病の症状や病状の経過によって必要性が変わりますので、医師からの処方に任せるようにしましょう。

また、抗不安薬も抗うつ薬と同様に、服用方法には注意が必要です。健康体で抗不安薬を服用すると身体へ悪影響を及ぼしますし、服用方法を誤ると抗うつ薬よりは軽いですが、副作用が起きる事がありますので十分注意しましょう。抗不安薬は、医師の指示の元で使用するようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ