躁うつ病

皆さんは「躁うつ病」という精神疾患をご存じでしょうか。【双極性うつ病】のページを見てくださった方はもうご存じかと思いますが、躁うつ病はうつ病のひとつで、現在では双極性うつ病や双極性障害、双極性感情障害と呼ばれる事が多くなりました。躁うつ病という病名は現在も使われている場合がありますが、双極性うつ病や双極性障害と呼ぶのが一般的になっています。それでは躁うつ病について詳しく説明していきましょう。

【双極性うつ病】のページでも説明してありますが、ここでは躁うつ病についてそちらでは書ききれなかった部分も説明していきたいと思います。まず躁うつ病の症状ですが、通常のうつ病では抑うつの症状が発症するのに対し、躁うつ病ではうつ状態の他「躁状態」も発症します。躁状態とは、気分が異常なまでに高揚していて、その状態が継続的に起きている事を指します。うつ状態から急に躁状態になる「躁転」という現象が起きる事もあり、通常のうつ病に対して「躁状態」の症状が起きる事が特徴となっています。躁状態について詳しくは【双極性うつ病】のページで説明していますので、ぜひご参考ください。

さて、上記で躁うつ病の特徴は「躁状態」であるという事を説明しましたが、躁うつ病ではうつ状態と躁状態が混在して発症する場合もあります。これは「躁うつ混合状態」と呼ばれる症状で、気分が落ち込み悲観的になっているうつ状態と、気分が高揚してエネルギーに満ちている躁状態が融合している状態の事を指します。軽度の混合状態はそう珍しくありませんが、症状が重い場合は様々な点で危険が及んでくるのがこの躁うつ混合状態です。うつ状態である無気力さと躁状態である破壊衝動が混在しているため、患者さんをその状態で放っておいてしまうと、社会的にトラブルを起こしたり、誰かに危害を加えてしまったり、自殺行為に発展してしまったりする事も珍しくありません。躁うつ病は、様々な精神疾患の中でも特に自殺の危険が高いので、患者さんを支える周りの人々も十分な注意が必要です。

このように躁うつ病には様々な特徴があります。上記では自殺の危険性が高いとお話ししましたが、病気の再発率も非常に高い傾向が見られています。躁うつ病は通常のうつ病よりも長期間の治療が必要になります。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ