双極性うつ病

皆さんは「躁うつ病」という病名をご存じでしょうか。一度は耳にした事があるかもしれませんね。その躁うつ病は、ここで説明させて頂く「双極性うつ病」という病状の別名称なのです。双極性うつ病はその他、双極性障害、双極性感情障害などとも呼ばれ、現在は躁うつ病と呼ばれる事は少なく、双極性うつ病や双極性障害と呼ばれる事がほとんどです。それでは、双極性うつ病について詳しく説明していきましょう。

双極性うつ病は、躁状態とうつ状態を繰り返す病状が主な症状として見られる精神疾患です。単極性うつ病とは違い、気分が塞ぐうつ状態と異常なまでの気分の高揚感を見せる躁状態が繰り返し発生するので、治療は非常に難解です。さらに双極性うつ病にはⅠ型とⅡ型の2種類があり、躁状態を伴う場合をⅠ型、軽度の躁状態を伴う場合をⅡ型の双極性うつ病と分類しています。双極性うつ病は、通常のうつ病と症状が大きく異なるので、一般的な単極性うつ病の知識とは異なった治療が必要となります。

まず双極性うつ病の「躁状態」の症状から見ていきましょう。躁状態とは、気分が異常に高揚している状態の事で、患者さん本人は非常に気分が良い状態なのですが、社会的にはトラブルを起こし兼ねない状態です。誇大な自尊心を持ったり、睡眠をとらなくても日常を元気に過ごせたり、異常に多弁になったり、話が次から次へと移り変わっていったり、落ち着きがなくなり集中力が散漫したり、お金を異常に使うようになったり、仕事などでよく活動するようになったり、といったような症状が発生します。気分が高揚している状態なので、「よく活動する」事は良い事に思われるかもしれませんが、これが破壊衝動に発展するなど、他人への危害を与えるというトラブルにも繋がる事が非常に多いので、社会的にも人間関係としても大きな障害が生じます。

その躁状態に対し、双極性うつ病の「うつ状態」は気分が塞いだ状態ですが、躁状態の破壊衝動を秘めており、いつ躁状態に切り替わるかがはっきりと分からないので、通常のうつ状態に比べ非常に危険です。また、うつ状態から躁状態に切り替わる事を「躁転」と呼び、急に切り替わる事は珍しくありません。双極性うつ病は抗不安薬も効果が無いので、治療が非常に難解です。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ