SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)

うつ病の投薬療法で使われる治療薬には様々な種類があります。近年では新世代の抗うつ薬が多く使われており、中でも「SSRI」という名称で知られている抗うつ薬がよく使われています。SSRIとは、「Selective Serotonin Reuptake Inhibitors」の略で、日本語では一般的には「セロトニン再取り込み阻害剤」と呼ばれています。それでは、SSRIについて詳しく説明していきましょう。

まず「セロトニン」から説明していきます。セロトニンとは、神経伝達物質のひとつです。神経伝達物質にはセロトニンの他、アドレナリンやドーパミンなどがありますが、セロトニンは憂うつな気分や落ち込んだ状態を改善させる効果を持っています。うつ病の患者さんはこのセロトニンが減少している状態なのです。では、どのようにしてSSRIはうつ病に作用しているのでしょうか。少し専門的な話になってしまいますが、セロトニンなどの神経伝達物質は、「シナプス」という神経細胞の隙間を流れる事で情報が伝達されます。神経伝達物質を放出する「シナプス前部」と吸収する「シナプス後部」がありますが、うつ病の患者さんはこのシナプス間にあるセロトニンの濃度が非常に低い事が特徴です。本来ならばシナプス後部にある「セロトニン受容体」に作用しなければならないセロトニンですが、シナプス間に残ってしまっているため、セロトニンの情報が正常に伝達されません。そこで、シナプス間に残っているセロトニンは、シナプス前部の「セロトニントランスポーター」に再取り込みされ、再度シナプス前部から放出されます。しかし、うつ状態である事に変化はありませんから、また同じ状態が繰り返されてしまいます。この繰り返しを阻害するのが、SSRIの役割です。

SSRIを服用する事によってセロトニンの再取り込みが阻害されるので、結果としてシナプス間にあるセロトニンの濃度を高く維持する事ができます。うつ病の患者さんに必要なセロトニンは、リラックスした状態の時に分泌される神経伝達物質なので、憂うつな気分を打ち消す事ができるという事ですね。また、SSRIにも様々な種類がありますので、それぞれの役割別に説明していきましょう。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ