うつ病になりやすいタイプは?

うつ病はどんな人でもなりうるおそれが考えられますが、「メランコリー親和性」と呼ばれるうつ病のタイプでは、私たちの人間性の中心となる「性格」がうつ病を発症するきっかけとなってしまう事が特徴です。うつ病は、発症しやすい性格があるという訳です。それでは、うつ病になりやすいタイプについて詳しく説明していきましょう。

うつ病はストレスを感じる事が原因になりますので、何かとストレスを溜めやすい真面目な性格の人は、うつ病を発症する確率が非常に高く見られています。責任感が強く、何事にも妥協を許さないタイプもまたうつ病を発症しやすいので、仕事熱心な方々は特に注意してください。几帳面な性格で何事もきっちり決めなくては納得がいかない、いつも仕事に追われながら生活している、部下の失敗は自分がどうにかしなくてはいけない、上司と部下の間でしっかりやらなければいけない、ミスをする事を考えると怖くて仕方がない、といったように、仕事における様々な面でストレスは感じざるを得ないものです。真面目な性格である人たちは、そのストレスをより強く感じてしまうタイプなので、うつ病の予防策をしっかり取る事が大切です。

また、自分よりも周りの事ばかり気にしてしまう面倒見の良い性格の場合でも、うつ病になるケースが多く見られています。他人の顔色を伺ったり、周りの意見に振り回される事が多かったり、つい自分の事が後回しになりがちになってしまうタイプの皆さんも、うつ病になりやすいと言われていますので、他人の事ばかりを気にするのはほどほどにしましょう。

とは言っても、元々の性格なのですぐに改めていく事は難しいですよね。ですが、少し考え方を変えるだけで随分と心は楽になりますし、うつ病も予防できるようになります。ここで挙げてきたようなうつ病になりやすいタイプは、運良くうつ病にならなかったとしても、悪玉ストレスが溜まっている非常に不健康な状態です。心身共に過労で疲れ果て、また別の病気が発症してしまうおそれが考えられます。ストレスはうつ病に限らず、様々な病気の原因になります。「性格だから・・・」と諦めずに、力を抜いて良いところは力を抜いて良いのです。少し自分勝手に振る舞う事も大切です。心が疲れ果てないように、楽な考え方をしてくださいね。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ