単極性うつ病

うつ病には非常に様々な病状が見られています。原因によってもうつ病の名称も変わりますし、症状も患者さんそれぞれで違っています。うつ病は特定の症状がすべての患者さんに現れる訳ではありませんから、「自分がどういった症状を持ったうつ病なのか?」という判断をするには個人ではとても難があり、医師の診察を受ける必要があります。そのようなうつ病の病状として、最も一般的なものが「単極性うつ病」です。

単極性うつ病は、別名「単極性気分症」とも言われ、私たちが普段意識している「うつ病」の別名称として知られています。うつ病の多くはこの単極性うつ病なのです。気分が落ち込んだり、憂うつな気分を抱えていたり、不安感や恐怖感があったり、何をするにも気力がなくなる、食欲がなくなる、集中力の低下、思考力の低下などの精神的及び身体的な症状が現れます。一般的にうつ病の症状と言われているものが、単極性うつ病が発症した時に現れる症状になります。詳しい症状については【うつ病の主な症状】をご覧ください。

単極性うつ病は、精神的なものが関連して発症する「心因性うつ病」や身体的なものから発症する「身体因性うつ病」、そしてはっきりとした原因が分からずに発症する「内因性うつ病」に分類されます。心因性うつ病については【心因性うつ病】を、身体因性うつ病については【身体因性うつ病】で詳しく説明していますので、そちらをご覧頂ければと思います。ここでは内因性うつ病についてお話しておきましょう。

内因性うつ病とは、精神的や身体的な問題などが原因ではないうつ病の事を指します。脳内の神経伝達物質が正常に伝達されなくなる、という話は【うつ病の原因】でもしてありますが、そこでお話しした「脳の故障状態」が、内因性うつ病の原因です。努力や気持ち次第で治る症状ではありませんから、投薬療法で脳内の故障状態を治療していかなければなりません。知らず知らずのうちに溜まったストレスなどが原因にもなりますが、妥協を許さない真面目な性格の人もなりやすいので、内因性うつ病になってしまった場合は疲れを感じる事は一切やめて、休息をしっかり取ることが第一です。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ