テシプール

現在、うつ病の治療薬では「SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)」や「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)」などの抗うつ薬が主に使われていますが、その前世代の抗うつ薬である「四環系抗うつ薬」も、うつ病の治療薬として使われています。「テシプール」はその四環系抗うつ薬のひとつです。それでは、テシプールについて詳しく説明していきましょう。

テシプールは、一般的に「セチプチリン」という名称で知られている四環系抗うつ薬で、テシプールというのは商品名です。落ち込んでいる気分を改善したり、不安感を取り除いて気持ちを前向きにする効果があり、うつ病を始めとして、パニック障害や過食症などの投薬療法で使われています。特にテシプールには、神経伝達物質である「ノルアドレナリン」の分泌量を増やす作用があり、やる気を高める効果もあります。気持ちを落ち着けるだけではなく、意欲的になれるような効果もあるという訳です。

しかし、現在使われているSSRIやSNRIと比べてしまうと、効能はやや劣ります。薬の効果が現れる時間は早いのですが、やはり最新の抗うつ薬の方が効果は高いと言えるでしょう。また、副作用もSSRIやSNRIに比べ起きやすいとされています。テシプールなどの四環系抗うつ薬で起きる一般的な副作用としては、口の渇き、吐き気、眠気、食欲不振、便秘、めまい、たちくらみ、動悸、低血圧、不整脈、排尿がしにくい、手が震えるなどの症状が現れます。また、非常に稀ですが、抗精神病薬の場合でも副作用として現れる事がある「悪性症候群」が発症する事も考えられますので、こういったリスクがある事も考慮した上で服用するようにしましょう。悪性症候群については、抗精神病薬である【エビリファイ】のページで詳しく説明しています。そちらもぜひご参考ください。そして、薬を服用する際は医師の指示は必ず守る事が大切です。患者さんのご家族も、患者さん自身に何らかの変化を感じたらすぐに医師に連絡できるようにしておいてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ