トレドミン(SNRI)

抗うつ薬「トレドミン」は、新世代の抗うつ薬である「SNRI」です。SNRIについては、【SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)】で詳しく説明していますので、そちらをご参考ください。それでは、トレドミンについて詳しく説明していきましょう。

トレドミンは、うつ病の治療に使われるSNRI、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。一般的には「ミルナシプラン」と呼ばれ、トレドミンという名称は販売されている商品名です。うつ病の症状である憂うつな気分を取り除いたり、気持ちを楽にする効果を発揮し、ノルアドレナリンの作用としては落ち込んでいた気分を前向きにさせる効果もあります。また、トレドミンは日本初のSNRI、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤としても有名で、最も新しい抗うつ薬としてうつ病の治療に使われています。服用量は、成人1日25mg0100mgと規定されており、203回に分けて食後に服用します。但し、高齢者の場合は1日25mg060mgとなっていますので、年齢や症状によって服用量は調節してください。医師の指示の元、正しく服用してくださいね。

最新の抗うつ薬ですので、副作用も非常に少ない事が特徴です。SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)と同様に副作用が起きる事は稀なので、比較的安心して服用できる抗うつ薬です。しかし、抗うつ薬の服用はある程度のリスクを考慮した上で行っていただきたいので、一般的にトレドミンを服用した際に起こりうる副作用を挙げておきましょう。まず軽い副作用としては主に口の乾き、吐き気、眠気、便秘などが起こりやすいとされています。また重い副作用としては、セロトニン症候群などが挙げられます。セロトニン症候群が起きる事は稀ですが、こういったリスクもあるという事も理解した上で服用するようにしてください。患者さんに関わるご家族の皆さんも、薬の服用後に何らかの変化が起きた場合は、すぐに医師に連絡するようにしてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ