トリプタノール

「トリプタノール」は、以前からうつ病の治療薬として使われてきた三環系抗うつ薬です。昔からある古いタイプの抗うつ薬で、分類としては【トフラニール】などと同様の第一世代に当てはまります。それでは、トリプタノールについて詳しく説明していきましょう。

トリプタノールは、「アミトリプチリン」という成分から出来ている抗うつ薬で、トリプタノールという名称は商品名になります。主にうつ病の症状である、憂うつ感や無気力感といった症状を和らげる効果が期待でき、気分を前向きに持っていく効果を発揮します。トリプタノールには、神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の分泌量の増加作用があり、それらの物質が増加する事でうつ病の症状が改善していくという訳です。また、うつ病の治療薬として使われる他、子供の夜尿症といった症状の改善にも使われています。この場合の夜尿症は、精神的な問題が原因となっている夜尿症の事を指しますので、何らかの精神的原因があるおねしょやおもらしの症状を治療する際に使われます。その他、大人の頻尿や尿失禁などの症状の治療に使われる事もありますし、アミトリプチリンといった成分は頭痛や神経痛の治療薬としても使います。

このように、トリプタノールはうつ病を初めとした精神疾患の治療薬として良い効果を発揮しますが、薬の効果が高い分、副作用が強いという事も念頭に置く必要があります。トリプタノールなどの第一世代の抗うつ薬は、最近よく使われるようになった「SSRI」や「SNRI」などの新世代の抗うつ薬に比べて副作用が強いので、服用の際は十分な注意が必要です。トリプタノールの服用で主に現れる副作用としては、口の渇き、吐き気、眠気、食欲不振、便秘、めまい、立ちくらみ、目がかすむ、手が震える、排尿しづらい、倦怠感、といった症状が挙げられます。これらの副作用が現れても、軽い場合には特に問題はありませんが、症状が重い場合には「悪性症候群」や「セロトニン症候群」といった重症の副作用が現れる場合があります。抗うつ薬で重い副作用が現れる事は非常に稀な事ですが、絶対に起こらないとは言い切れませんので、薬を服用する際には副作用の事もよく覚えておいてください。


薬以外でうつ病が劇的に回復した方法

うつ病克服 【たった2ヶ月でうつ病を克服】

たった2ヶ月でうつ病が克服できる!ちゃんと病院にも通いながらやることで劇的なスピードで社会復帰ができます。実際に僕の↑にある体験談にもあるように本当にうつ病は辛いものです。想像以上に辛く絶望的な病気です。でもそれが治って元に自分に戻ると本当に幸せですよ!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ